ホームページ作成ソフトシリウス|見出しタグの使い方

見出しタグの種類

見出しタグとは<h1>~<h6>からなる内的SEO対策上重要な項目です。
見出しタグはよく本に例えられます。
<h1>が題、<h2>が部、<h3>が章、<h4>が節、<h5>が項、<h6>が小見出し
といった具合です。
重要度は題名相当の<h1>が最も重要です。
余り深く考えると深みにはまってしまいますので、少し意識する程度で見出しは付けていきましょう。

H1タグ

<h1>サイト名と同じ</h1>

大見出し・1つのページに1度しか使えません。
シリウスではページの詳細設定画面でしか入力できないので2度以上使ってしまう恐れはありません。

H2タグ

<h2>ヘッダーテキスト</h2>

シリウスではH2タグも1度しか使いません。詳細設定画面のヘッダーテキスト部分がH2に対応しています。
ヘッダーテキスト(ページタイトル)をHTMLから削除(推奨)されている場合は「記事1」の記事タイトル1がH2タグに相当します。

H3タグ

<h3>ヘッダーテキスト</h3>

記事1~10の記事タイトルがH3タグに相当します。
ヘッダーテキスト(ページタイトル)をHTMLから削除(推奨)されている場合は記事2~10の記事タイトルがH3タグに相当します。
また、記事内であればどこでも任意で使用することもできます。

H4~H6タグ

任意で使用できます。

見出しタグの使い方

見出しタグには使い方があります。
上から順番に使っていきます。

H1→H2→H3→H4→H4→H3→H4→H4→H3→H4→H5
H1→(H2→H3→H4→H4)→(H3→H4→H4)→(H3→H4→H5)分かりやすいように()で括っています。

こんな感じです。
ダメなのは

H6→H5→H4→H3→H2→H1☆逆ですね

H1→H2→H4→H4→H6☆H2の次にH4を使う、またH4の次にH6を使っています。これは好ましい使用法ではありません。「H2の次はH3」の様に順番に使用しましょう。

です。
H1~H6まで全てを使う必要はありません。使い方は間違えないようにしましょう。

例:日本昔話

日本昔話を例に見出しを使ってみます。

<h1>日本昔話</h1>
<h2>桃太郎</h2>
<h3>桃から生まれたから桃太郎!!の巻</h3>
むか~しむかしある所に…以下省略
<h3>桃太郎ペットを飼う!?の巻</h3>
<h4>犬が家族になる話</h4>
…以下省略
<h4>雉が保存食になる話</h4>
…以下省略
<h4>ピグミーマーモセットがペットになる話</h4>
…以下省略
<h3>鬼との死闘!少年と動物の無謀なる挑戦!!の巻</h3>
犬は尻尾を振って鬼に懐き、雉は丸焼きになり、ピグミーマーモセットはペットショップに…以下省略
鬼に無事退治されたのでした、めでたしめでたし。
<h2>サラリーマン金太郎</h2>
<h3>金太郎、上京する。の巻</h3>


こんな感じで見出しを使っていきます。なんとなくでも伝わればよいのですが。