ホームページ作成ソフトシリウス|シリウスで記事を書く

記事の編集

サイト全体の設定が終わったらいよいよ記事を書いていきます。(下図は記事編集画面)
シリウス記事編集画面画像
それでは、ちょっと見にくいかもしれませんが「記事本文」というところを見て下さい。

例えば、このページ内の「記事の編集」という項目は記事を書いている段階ではこのように表示されています。

記事編集画像1

思っていたのと違うのではないでしょうか?

私はほんの少しの期間ブログをやったことがあるのですが、私の利用していた無料ブログでは記事編集画面にHTMLは表示されず、記事編集画面で文字を大きくすれば編集画面の文字が大きくなる、といったようにインターネット上で公開されるのとほぼ同じ画面で編集できました。

全く免疫のない方はシリウスの記事編集画面を見たら「なんだこれ?」と思われるのではないでしょうか?

すぐ慣れますし、しばらくやっていれば意味もなんとなく理解できるようになってくるはずです。
「プレビュー」というボタンを押すと、現在編集しているページがインターネット上で公開される形(あなたが今見ているように)で表示されますので、プレビュー画面で確認しながら文章を書いていきます。

記事編集画像3

シリウスとはなんて不親切なソフトなのか・・・と思ってしまったあなたへ

初心者にも馴染みやすいように無料ブログなどと同じ編集画面にすればいいじゃないか・・そう思われてしまうのも無理からぬ事とは思いますが、実はシリウスは不親切どころか非常に親切なソフトです。

シリウスにも実は「デザインモード」(詳しくは次の記事で説明します)というホームページで公開するのと同じ画面で記事編集ができる機能が備わっています。しかしデザインモードは記事画面で「デザインモード」のボタンをクリックしなければ起動しません。つまりあくまでもメインはHTMLの表示される記事編集画面です。

それは何故か?

シリウスは初心者でもプロ並みの綺麗なサイトを作れることを一つの売りにしています。
当然、利用者には初心者も少なからず含まれているはずです。
もちろん初心者には無料ブログのように直感的にサイトを編集できた方が受けがいいでしょう、分かりやすいし馴染みやすいですからね。

実際量販店で売っているホームページビルダー等のHP作成ソフトではそのような仕様になっているものが多いです。

しかしシリウスは敢えてHTMLの表示される記事編集画面をメインの記事編集画面として採用しています。

これはシリウスの購買層が主にアフィリエイターだから、だとたけぞーは思います。

アフィリエイターの目標はホームページを作る事ではありません。ホームページを作ってそこから収入を得ることが目的です。
ではホームページから収入を得るためには何が必要でしょうか?
そう、SEO対策です。
HTMLを知らなければSEO対策はできません。デザインモードのみでサイトを作った方にはHTMLは全く理解できないでしょう。

しかしHTMLが表示される状態でサイトを作ったら、サイト完成のころには大分HTMLに目が慣れてきますし、人によってはタグの意味まで理解するようになっていると思います。HTMLが表示される記事編集画面でサイトを作った方はデザインモードのみでサイトを作った方や無料ブログをやっている方と比べると格段にスキルの伸びが早くなります。

さて、長々と力説してしまいましたが、たけぞーの言いたいことはただ一つ。

あなたの会社(お店)のホームページを生かすも殺すもあなたの腕次第、作ると決めたからには「初心者モード」や「デザインモード」に頼らず自分のスキルを伸ばしながらホームページを作っていきましょう!

デザインモード

前項でぼろくそに批判してしまいましたが気持ちを入れ替えて一応紹介しておきます。

記事編集画像2

デザインモードとはインターネット上で公開される形のまま編集できる機能です。より直観的に編集できます。

これは結構重要なのですが、デザインモードを使うと文法上のミスが発生しやすくなります。これは無料ブログでも同じことが言えます。もちろんSEO上悪影響です。
とにかくたけぞーは、デザインモードを使わない事を強く奨めます。

ページを増やす

下図赤丸で囲った部分のボタンでページを追加できます。

ページ追加ボタンの場所

赤丸内の左側がカテゴリーページ、右側がエントリーページとなります。

カテゴリーページとエントリーページ

シリウスのページ構成画像

カテゴリーページとはURLの最後が/(スラッシュ)で終わるページです。フォルダと考えてもいいです。左図のように更に下の階層のカテゴリーページやエントリーページを設置できます。

エントリーページはURLの最後が「.html」や「.php」で終わるページの事です。下の階層は作ることができません。
※厳密にいうと/(スラッシュ)で終わるカテゴリーページはindex.html(拡張子に依りますが)が表示されています。スライドショー等設置するときに必要な知識ですので頭の片隅に留めておきましょう。

URL例

ページ名:トップページ
http://takezoes-web.net/ 又は
http://takezoes-web.net/index.php

2つともクリックしてみてください。同じページに移動します。

ページ名:シリウスでホームページ作成(カテゴリーページ)
http://takezoes-web.net/hp_sakusei/ 又は
http://takezoes-web.net/hp_sakusei/index.php

2つともクリックしてみてください。同じページに移動します。

ページ名:サイト名の決め方(エントリーページ)
http://takezoes-web.net/hp_sakusei/namaenokimekata.php

ページ毎の設定

カテゴリーページもエントリーページも、ページ追加時に「詳細設定」という「サイト全体の設定」と同じような設定を行います。
前述しましたがこの設定は非常に重要です。面倒くさくてもしっかり記述していきましょう。

「サイト全体の設定」では「サイト説明」というそのサイト全体の要約を入力する欄がありましたが、詳細設定では「カテゴリー説明」「エントリー説明」と名を変えています。
「カテゴリー説明」ではそのカテゴリーページの要約文を。
「エントリー説明」ではそのエントリーページの要約文を。
それぞれ100字前後で入力してください。

ページは無限に増やせる

当たり前ですが、1ページ増える毎に5000円追加とかは言われません。
自分で作るのですからページはいくらでも増やすことができますよね。
これがホームページを自分で作る強み、醍醐味です。
業界最大規模のホームページを目指して頑張りましょう。

これでホームページの出来上がり?

ではありません。

最後にシリウスで完成したサイトをインターネット上にアップロードする作業が残っています。

次ページへ「サイトをアップロードする」