ホームページ作成ソフトシリウス|内製HPvs外注HPの費用比較

内製HPと外注HPの費用比較

内製HPと外注HPの費用比較をしようと思うのですが、内製には内製の、外注には外注のいいところ、悪いところがそれぞれあるので一概には言えませんが、比較してみようと思います。
たけぞーの独断と偏見も入っています。

費用比較

内製

外注(A社)

初期費用

およそ40,380円

12,000円

維持費用(年間)

約2,200円

月額3700×12=44,400円

ページ数

無制限

6ページ

内製ホームページの初期費用にはHP作成ソフト代(約25,000円)、スライドショー作成ツール(約12,000円)も含まれています。
外注ホームページは最も安いプランです。ページ数を増やす↑表を作る、SNSを組み込む、YouTubeを埋め込む等、追加料金が発生するようです。

内製ホームページ、外注ホームページのいい所

内製HPのいい所

維持コストが安い。

↑の表を見てもわかりますがレンタルサーバーとドメインの費用だけですので月額にすると200円以下。
※ハイグレードのレンタルサーバー、法人用の独自ドメインを利用すると年額約16,000円。月額約1,400円程度となります。

ページを好きなだけ作れる。

やる気と時間さえあればページは好きなだけ作れます。
「ここを深く掘り下げたい」「ここをもっと詳しくしたい」に応えるのはあなたです。

表を作る、SNSを組み込む、YouTubeを埋め込める。

楽勝です。外部ソフトを使えばスライドショーだってつけられますよ。

自分のお店(会社)を見直すいいきっかけになる。

たけぞーがもっとも押したい部分です。
自分でお店(会社)のホームページを作る過程で、今までとは違う、お店の良い部分、悪い部分が見えてくることと思います。
自分のお店を見直すいいきっかけになると思います。良いところは更に伸ばし、悪いところは改善していきましょう。

外注HPのいい所

デザインがスタイリッシュ。

少なくとも、何処に出しても恥ずかしくないホームページにはなると思います。
たけぞーはデザインではやはりプロには勝てる気がしません。

プロに任せる安心感、時間の節約

やはりプロに任せている安心感はあるのではないでしょうか。
金額はでかくなるでしょうが、尋常じゃない程高レベルのWEB製作業者さんのサイトを見ていると、こんなサイトを作っている自分が恥ずかしくなるほどですね。

内製ホームページ、外注ホームページの悪い所

内製ホームページの悪い所

デザイン

本当にセンスに左右されてしまいます。今にして思えば作成当初の自分の会社のホームページはかなり情けないものでした(笑)
しかしそんな拙いホームページでも見て下さり、来て下さるお客様はいらっしゃるんです。
自分の会社のホームページを公開してすぐに「良いホームページですね」なんて言われた時はお世辞でも嬉しかったですね、感動したことを覚えています。
泥臭いホームページでもいいんです。
気持ちを込めて作れば、伝わる人には必ず伝わります。

外注ホームページの悪い所

維持コストが高い

この参考にした業者さんは、かなり良心的な業者さんだと思います。とはいえやはり年間4万は高いです。

6ページでは少なすぎる

トップページ・会社概要・HPの利用規約や免責事項・お問い合わせフォーム、この4ページは、会社のHPであれば最低限必要なページです。
残り2ページです。どう考えても収まりません。
そして、たった6ページ(正味内容のあるページ3ページ)で検索サイトに評価されるとはとても思えません。
更に外注でSEO対策をする必要がでてくるでしょう。

手間は一緒

勘違いしている人もいるかもしれませんが(私も昔勘違いしていました)
ホームページを外注してもサイトの内容は自分で考えて、txtファイルやwordファイルで提出する必要があります。
ですので、ホームページを外注しても、自分でホームページを作成しても、手間はほとんど変わりません。